クレジットのあれこれについて調べてみた! TOP

このサイトについて

クレジット決済をすると、借金と同じになると考えている人がいますが、ケースバイケースです。例えば、一括払いで購入をした場合なら、手数料はかかりませんし、借金とは異なる扱いがされます。個人信用情報に記録は残りますが、一括払いでの購入は借金と同じには扱われません。クレジット決済をした場合でも、分割払い、ボーナス払い、リボ払いで支払いをしている場合には、割賦販売法が適用され、借金とほぼ同じになります。ローンを組んでいるのと同じものであると考えておくのが良いでしょう。

問題は、どこからお金を借りていることになるかですが、商品を購入した店舗からお金を借りているのではありません。クレジット決済で商品を購入すると、信販会社がショップに対して商品の購入代金を一括払いで支払います。そして、利用者は信販会社に対して翌月以降に立替払いをしてもらったお金を一括もしくは分割で支払っていくことになります。

つまり、利用者はクレジットカードを契約している信販会社に対して、借金をしていると考えることができます。しかし、借金をしているとは言っても、消費者金融からの借金のように、貸金業法という法律が適用されるわけではありません。クレジットカードでもキャッシング枠に対しては貸金業法が適用されますが、ショッピング枠に対しては貸金業法は適用されません。

しかし、個人信用情報には残りますので、クレジットカードのショッピング枠を利用していて、分割払いもしくはリボ払いをしている場合には、借金と同じに扱われて、ローン審査に影響する可能性はあります。

ショッピングクレジットというサービスについても、クレジットカードでショッピングをするのとほぼ同じものと考えておけばよいでしょう。ショッピングクレジットの場合には、個別の商品の購入について審査がされますので、クレジットカードのように枠の範囲内なら自由にショッピングができるわけではありませんが、仕組みはほぼ同じです。信販会社がショップに対して商品の購入代金を一括で支払い、利用者は契約に基づいて信販会社に対して翌月以降に立替払いをしてもらった代金を支払っていきます。

ショッピングクレジットの場合には、個別の商品に対して審査がされますので、商品の金額が大きく影響してきます。当然ですが、高額な商品を購入する場合ほど、審査は厳しくなります。個人信用情報に問題がなければ、年収に対して無理のない金額の商品なら、購入ができる可能性が高いでしょう。延滞をしてしまうと、ローンの返済で延滞をした場合と同じで、信用情報に傷がつきます。ショッピングクレジットでも、延滞をしないように支払いをすることが重要になります。

ページ一覧

ショッピングクレジットで商品を購入する際の注意点

ショッピングクレジットとは、クレジット制度を利用して商品を購入することです。このクレジット制度を利用することのメリットとしては、様々な買い物をする場合にのその購入費用を分割払い・ボーナ...

» 詳細を見る

ショッピングクレジットカードの審査について

ショッピングクレジットとは、クレジットカードを使わずに、信販会社が販売店へ立替払いする仕組みのことです。基本的には、クレジットカードを使用して買い物をするのとは変わりませんが、ショッピングク...

» 詳細を見る

自社クレジットカードとは?

特定商取引法や割賦販売法の改正に伴い、信販会社の審査が厳しくなる傾向にあり、売り逃し案件が増える要因となっています。せっかくのビジネスチャンスが信販会社の審査で逃すことが増えると、安定した売...

» 詳細を見る

自社クレジットのメリットとデメリット

自社クレジットにする利点としては、クレジット会社との契約が上手く行かなかったとしても用意をすることができるということです。条件面など相手とすり合わせる必要はありませんから、余計な時間をか...

» 詳細を見る

おすすめ情報一覧

当サイト・オススメ一覧