クレジットのあれこれについて調べてみた! TOP > ページ一覧 > クレジットとショッピングクレジットの違いについて

クレジットとショッピングクレジットの違いについて

クレジットとショッピングクレジットの違いについて世の中にややこしい言葉があります。その一つにクレジットとショッピングクレジットがあります。いったいこの二つは何が違うのでしょうか。
クレジットは、クレジットカードという言葉でおなじみですが、カードを利用すれば限度額まで買い物をすることができるのです。キャッシング機能が付いていれば、そのキャッシング機能の限度額までお金を借りることができるのです。カードを利用して買い物をする場合や、お金を借りる場合は、事前に審査が必要になります。普通はお金を借りる前の段階で、審査をすることになります。審査に通れば問題なくお金を借りたり買い物をすることが可能です。ただし、ブラックリストに載っている場合や全く働いていない場合などは審査に通らない可能性があります。審査に通らなければそのクレジットを使うことはできません。

これに対してショッピングクレジットは、やはり同じようにその限度額まで商品を購入することができます。商品を購入する前に当然審査をする必要があります。審査はそれほど厳しい基準ではありませんが、中には審査に通らないこともあります。この点、クレジットカードの時と異なり、ショッピングクレジットの場合は審査に通らなくても、連帯保証人がいればお金を借りることができるのです。裏を返せば、審査に通らなかった場合、連帯保証人が用意できない場合はクレジットカードと同じようにお金を借りることができません。このような違いを考えるとショッピングクレジットの方がお金を借りやすいと言えるでしょう。ちなみに連帯保証人になる人は、検索の抗弁権と催告の抗弁権を持っていません。つまり、買い主がお金を隠し持っていながら払わなくても、連帯保証人に請求が来たら払わなくてはいけません。また、連帯保証人が複数いる場合に、一人の連帯保証人に対して全額請求が来た場合でも、全額支払わなければならないのです。

もう一つの違いは、だれが立て替えるかという問題です。クレジットカードの場合は商品を購入するまではクレジット会社が立て替えをしていますが、商品を購入してしまえば支払いが済むまで店側が商品の所有権を持つことになります。これに対してショッピングクレジットは、商品を購入するまでは同じで、商品を購入した後も支払うまでは、クレジットカード会社が所有権を持っているのです。
このようにクレジットカードとショッピングクレジットには大きな違いがあります。