クレジットのあれこれについて調べてみた! TOP > ページ一覧 > ショッピングクレジットカードの審査について

ショッピングクレジットカードの審査について

ショッピングクレジットカードの審査についてショッピングクレジットとは、クレジットカードを使わずに、信販会社が販売店へ立替払いする仕組みのことです。基本的には、クレジットカードを使用して買い物をするのとは変わりませんが、ショッピングクレジットの場合には個別の商品について分割払いをする仕組みなので、信販会社のリスクは低めです。最近では、オンラインでショッピングクレジットの契約ができる信販会社も登場しています。

例えば、クレジットカードを使用する場合、どのような商品でも枠の範囲内なら自由に購入ができます。枠が50万円と設定されていれば、50万円以内なら利用者は自由に商品を購入できます。しかし、クレジット会社にとっては、どのような目的で使われてしまうかわからないため、リスクは大きめです。

ショッピングクレジットの場合には、個別の商品を購入し、その都度契約を結びます。クレジットカードが包括割賦販売であるのに対して、ショッピングクレジットは個別割賦販売です。例えば、30万円のパソコンを購入する時に、ショッピングクレジットを利用する場合で考えると、信販会社はそのパソコンの購入のために必要になる30万円だけを立替払いをするだけなので、クレジットカードで30万円の枠を契約する場合よりも審査は易しくなる可能性があります。

審査で重要になるポイントは、クレジットカードやローンとほぼ同じです。すなわち、年収、勤続年数、勤務形態、年齢、個人信用情報、他社借入などが重要になります。当然ですが、購入する商品が高額であるほど、審査は厳しくなります。10万円以内の商品の購入でもショッピングクレジットを利用する人は意外と多いようです。アルバイトやパートの人でも、年収に対して無理のない分割払いをするならば、審査に通る可能性は高いです。しかし、過去に金融事故を起こしているなど、ブラックリストにのっている人では厳しいでしょう。ブラックリストにのっていなくても、過去2年くらいで延滞を何度も繰り返しているような人は、やはり審査落ちする可能性が高くなります。また、借金の一種となりますので、他社からの借金がすでにたくさんあるという人も、不利になります。

クレジットカードのショッピング枠のように、枠の範囲内で繰り返し利用ができるものではないため、同じ条件ならば、ショッピングクレジットのほうが審査に通りやすいかもしれません。信販会社によって審査の基準は異なるということもポイントになります。