クレジットのあれこれについて調べてみた! TOP > ページ一覧 > ショッピングクレジットのメリットとデメリット

ショッピングクレジットのメリットとデメリット

ショッピングクレジットのメリットとデメリット

ショッピングクレジットとは、現金が手元に無い場合でも信販会社に立て替えしてもらうことで高額な買い物ができるサービスです。では、そんなショッピングクレジットのメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

まずはデメリットですが、ズバリ、契約時に手間がかかるという点が挙げられます。ショッピングクレジットと似ている存在にクレジットカードがありますが、クレジットカードの場合はカードをきるだけであとはサインまたは暗証番号の入力で買い物が完結する手軽さがあります。しかし、ショッピングクレジットの場合は買い物ごとに契約書の作成をする必要があり、その度に審査も必要となります。そのため、クレジットカードと比べると契約書作成および審査にかかる時間が必要となり、購入までにひと手間がかかってしまうデメリットがあります。

ただし、メリットも沢山あります。まずはクレジットカードのリボ払いに比べてショッピングクレジットの場合の方が金利が低い傾向にあります。カードのリボ払いの場合は回数に応じた金利が設定されていることが多く、回数が多くなればなるほど金利もアップしていく仕組みとなっています。一方、クレジットの場合は金利は支払い期間中は一定でかけられるので、回数に応じて金利が上下することなく、一定金利の元で支払うことができます。

また、クレジットカードには支払い限度額が存在します。その人の経済状態やこれまでの買い物履歴に応じて会社の方で設定するものですが、その限度額を超えた買い物は基本的にカードですることはできません。しかし、ショッピングクレジットの場合は特に限度額というものは設定されていません。もちろん審査があるので、審査を通じて支払える能力があるかというチェックをされはしますが、カード限度額を超えるような大きな買い物でも審査さえ通れば問題なく購入することができます。また、その審査についても本人の支払い能力だけではなく、保証人を設定することができます。

保証人の存在があるため、クレジットカードを作る時よりも審査に通りやすいという傾向もあるため、手持ちの現金が潤沢ではないという人であっても、ショッピングクレジットならば大きな買い物をできる可能性が高まります。
そして前述の通り、金利もリボ払いに比べると低く設定されていることが多いので、金利にかかる総費用を節約することができることも大きなメリットとなります。