クレジットのあれこれについて調べてみた! TOP > ページ一覧 > 自社クレジットのメリットとデメリット

自社クレジットのメリットとデメリット

自社クレジットのメリットとデメリット

自社クレジットにする利点としては、クレジット会社との契約が上手く行かなかったとしても用意をすることができるということです。条件面など相手とすり合わせる必要はありませんから、余計な時間をかけずにスピーディーに用意をすることができます。次に割賦手数料を自社のものとすることができるという利点もあり、クレジット会社を利用すればそれまで売上の数パーセントを逆に支払わなければなかったところを、逆に受け取ることができる立場になりますから利用者の数が変わらない場合、収入は変わらないということになります。



コースごとであったり顧客ごとに手数料を変えることができるので、上得意に対しては優遇をして逆に貸し倒れのリスクが高そうな相手には高めの手数料を設定することができます。自社で相手の信用を判断するわけですから、ブラックリストにのっていてクレジットカードを持つことができないという人に対しても、信用で買い物をさせることができるので、信用力はないけれども自社にとっては信用がある顧客に便宜を図ることができます。また、クレジット契約の承認が取れなかったという企業は承認を取ることをそもそも諦めて、自社クレジットを用意することで商機の拡大につながります。



しかし、デメリットも有ることを忘れてはならず、それまでは売上があればすぐにクレジット会社から立替金を支払われていたものが、直接顧客と契約をすることになるので、完済まで時間がかかり実収入は減ってしまうことになります。更に金融機関でもない業者が審査基準を設けるのも大変ですし、設定を徹底するというのも難しくなってしまいます。貸し倒れのリスクなどもあるので、債権の管理をしっかりしなければならなくなり手間がかかってしまうこともあります。立替金を受け取ることができないため、現金不足に陥ってしまいキャッシュフローが悪くなってしまうという欠点もあります。



このようなデメリットもあるので、いい部分にばかり目をとらわれていて見落としてしまうとあとになって大変なことになってしまうので、注意が必要です。逆にデメリットの部分を理解しておけば対策を取ることができますし、デメリットが問題とならない状況にあるという企業もあるわけですから、そのようなときには両方を天秤にかけて自社クレジットにした方がいいということになります。新しいシステムの導入を考えている場合には、長所と短所の両方を理解して置く必要があります。