クレジットのあれこれについて調べてみた! TOP > ページ一覧 > 学生ローンとは?

学生ローンとは?

学生ローンとは?消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者が提供している個人向けカードローンは、キャッシングとも呼ばれている人気の商品です。投機や事業性資金以外であれば資金使途は自由であり、ショッピングや飲み会、旅行などの遊興費に分類されるような目的での利用も認められています。このために、お金が足りない時には非常に便利な存在で、一千万人以上の人が利用していると考えられています。

なお、個人向けカードローンの利用条件は業者によって細かい部分においての違いはありますが、二十歳以上で安定した収入を得ている人としているのが一般的です。この安定した収入とは定期収入を得ているという意味で、必ずしもサラリーマンに限定しているというわけではありません。このために、アルバイトや派遣社員でもオッケーであり、これらで収入を得ているのであれば、主婦や学生でも利用することができます。ただし、キャッシング審査では信用情報機関に登録されているクレジットヒストリーの照会が中心で、返済能力により合否が判定されます。このために、アルバイトや派遣社員よりもサラリーマンに有利なシステムとなっており、学生にとってはハードルは高めとなっています。

学生ローンは、このように一般的なキャッシングの利用が簡単ではない学生を対象とした商品で、独自の基準により合否を決定していることが特徴です。このために、クレジットヒストリーが思わしくない場合でも、利用できる可能性があります。ちなみに、学生ローンのクレジット審査の申し込み時に用意しなくてはならない書類は、運転免許証や健康保険証などの身分証明書、学生証、銀行のキャッシュカードです。さらに、これに加えて源泉徴収票や給与明細書など違う書類の提出を求められるケースもあります。

これは、学生ローンも一般的なキャッシングと同様に貸金業者の個人向け貸付に分類されている商品なので、貸金業法における総量規制の対象となるからです。総量規制とは、借入総額は年収の三分の一に制限するという規則で、利用者の借りすぎと業者の貸しすぎを防ぐことを目的としています。このために、借入希望額が五十万円を超える場合や他社借入残高と借入希望額の合計が百万円を超える場合は、年収の三分の一未満であることを証明しなくてはならないので、クレジット審査の際に収入を証明するための書類の提出が必要となります。これは、貸金業法に規定されているので、順守することが義務付けられています。